札幌農学同窓会からのお知らせ

2019.07.12

園遊会(ガーデンパーティー)に181名

親睦園遊会(ガーデンパーティー)が6月28日、北大植物園で開催されました。心配された荒天は避けられ、会員ら181人が参加して盛会となりました。

  

参加者の顔ぶれは、現役教員のみなさんが28人、学生(バイトを含む)が30人と、例年になく若さが目立ちました。また3組の家族連れが参加されて、子供たちの歓声も響く、とても楽しい場になりました。また招待した関係業者のみなさんもいらっしゃいました。

  

松井博和理事長、西邑隆徳新研究院長らの挨拶のほか、今年は新任教授のみなさんも挨拶され、参加の先輩、後輩たちから、温かい拍手が送られました。

  

また、昨年から始まった、道産ワイン応援プロジェクトは今年も継続。同窓会員の関わる2ワイナリー(富良野ワイン、登醸造=余市=)が醸造した美味しいワインの試飲が試飲に供されました。また、北大余市果樹園のリンゴを100%使用したシードル(発泡酒)が初めて提供され、参加者のみなさんが味わいました。

  

従来、ほぼすべての業務を委託していた某ホテルが、直前に委託不可能となりました。そのことから、テーブルと椅子の配置、料理や飲料の手配、片付けとゴミ処理も、すべて同窓会の手によって行うこととなりましたが、多くの会員、理事のみなさんが、その業務に参加してくださり、無事終了しました。事務局からみなさんに感謝申し上げます。   

  

   新しいかたちの園遊会は、初めての事態の連続でしたので、参加者のみなさんにはご不便などをおかけしたかと思います。またいろんなご要望もあろうかと思います。ご意見をお寄せください。