CONTENTS
団体概要
定款
役員名簿
事業報告書
事業計画書
名義変更申込
お問合せ
関連ページ

事業報告書

平成28年度事業報告書(平成28年1月1日〜12月31日)

T 事業の実施状況  
1. 海外交流・学術助成事業
次のとおり助成した。

(1)北海道大学大学院農学研究院、農学院、農学部に対する助成
   1)大学院学生に対する研究助成  4名
   2)大学院生海外渡航助成      20名
   3)私費留学生奨学金助成      2名
   4)その他助成事業
    @農学特別講演会等経費(市民公開・農学特別講演会ポスター、チラシ)
    A国際交流経費(学生実習経費、シドニー大との交流)
    B学生支援経費(バス借上費用補助その他)
(2)「北大風景スケッチ」出版助成
(3)「あぐり博士と考える−北海道の食と農」東京支部頒布助成
(4)IUFRO国際会議助成
(5)農村計画学会2016秋期大会助成
(6)卒業・修了生用学位記ケース助成
(7)市民公開・農学特別講演会懇談会費助成
(8)Sapporo Alumni Lectures懇談会費助成
(9)クラーク農学賞図書券助成
(10)外国人留学生オリエンテーション及び交流会助成

 

8,500,000円
(2,000,000円)
(2,785,937円)
(500,000円)
(3,214,063円)



400,000円
203,352円
200,000円
200,000円
324,100円
80,000円
70,000円
15,000円
187,400円
2. 東京支部における事業
(1)講演会の開催
  @「北大農学部研究院・農学院・農学部の動向」
     横田 篤 氏 北大農学研究院長(農化・昭54卒)
     参加者 50名
  A「北の草原と森、豊穣の自然の恵み
        〜北の大地が作り出す安心・安全な草食動物の生産物〜」
     近藤 誠司 氏 北大名誉教授(畜産・昭50卒)
       本講演会は、北大獣医学部同窓会関東支部との共催、北大東京同窓会の後援とした。
       参加者 65名
(2)「Bushido(英文)」等の寄贈活動
     平成25年度よりスタートした北大の特別プログラム「新渡戸カレッジ」の学生及び
    「新渡戸スクール」の院生(計60名)を対象として、新渡戸稲造の世界的な名著である
    「Bushido(英文)」、内村鑑三著の「代表的日本人」等を寄贈した。
(3)札幌農学校普及委員会の活動
   @「札幌農学校」出版助成・普及頒布事業
    「札幌農学校」(蝦名賢造著)の復刻版の普及・頒布を目指した本事業は、平成23年
    3月にスタートし、本年度は卒業・終了式に450部を贈呈した。また同窓生の協力を
    得て出身の高等学校並びに公立の図書館等への寄贈・普及に努め、増刷を重ねて総計
    5,090部となった。
   A「あぐり博士と考える−北海道の食と農」の寄贈活動
    北大農学部と北海道新聞社の連携事業として刊行された同書籍を、東京支部も北大農学部
   学生と同窓会員の出身校及び北大を目指す生徒のいる高等学校のうち関東地区の学校に寄
   贈することが平成27年度に起案された。
   寄贈先の学校リストを基に今年度前期に北海道新聞社より合計236校に配送を完了した。
(4)Sapporo Alumni Lecturesへの講師派遣
    越智 幸三 氏 広島工業大学教授(農化・昭46卒)

 
3. 関西支部における事業
(1)第12回市民公開フォーラム 「“食”その変化とこれから」の開催
    第一部 “親子で楽しむ食育イベント”「食べものと“うんち”の勉強会」
             天知 輝夫 氏 京都大学名誉教授(農化・昭38卒)
    第二部 “基調講演”「私たちの“食”はどう変化したか」
             小野 雅之 氏 神戸大学農学部教授
    第三部 “パネルデスカッション「食−その変化とこれから」”
             小野 雅之 氏 神戸大学農学部教授
              柳村 俊介 氏 北海道大学農学研究院教授
              ダニエル純子氏 一般社団法人 健康栄養支援センター部長
              米田 泰子 氏 京都ノートルダム女子大学名誉教授
              山口 利昭 氏 (株)サンプラザ代表取締役会長
          本フォーラムは、北水同窓会大阪支部、北大関西同窓会と共催した。
          参加者は、第一部約500名、第二部・第三部は約220名
(2)講演会の開催
  @「北大農学部研究院・農学院・農学部の動向」
    横田 篤 氏 北大農学研究院長(農化・昭54卒)
    参加者 42名
  A「米国系グローバル企業における異文化体験」
    波多 勇 氏 元P&G Japan、関西支部理事(農化・昭43卒)
    参加者 33名
(3)Sapporo Alumni Lecturesへの講師派遣
   松下 秀之 氏 タカラバイオ(株)(農化・昭54卒)

 
4. その他の事業
 1)新年交礼会
  1月4日(月)午後6時から農学研究院大講堂において開催した。
 2)平成28年度定時総会(一般会員も参加)
  3月4日(金)午後4時からホテル・ポールスター札幌において開催した。
  同日 午後6時より同場所で特別講演会を実施した。
        演題 「生命を化学の目で見る」
        北海道大学大学院農学研究院 特任教授 生方 信氏
  同日 午後6時30分より同場所で助成学生報告会を実施した。
        10名の農学院生から報告があった。
  同日 午後7時より同場所で情報交換会を実施した。
        参加者 58名
 3)新入会員(同窓会員)歓迎会
  3月24日(水)午後1時30分から農学研究院大講堂において開催した(学部学生225名、
   他大学出身大学院生32名、合計257名)。
 4)親睦園遊会
  6月24日(金)午後5時から北海道大学植物園において開催した。参加者は125名。
 5)元教授の会
  8月26日(金)午後5時30分から札幌グランドホテルにおいて開催した。
  岡島秀夫先生外22名が出席、当同窓会理事および学科長から10名が出席して懇談した。
 6)市民公開・農学特別講演会
  9月23日(金)午後1時30分から農学研究院大講堂において開催した。
       演題 「アスパラガス−その雌雄性と栽培」
           北海道大学大学院農学研究院特任教授 増田 清 氏
           「からだによい糖の話し〜食物繊維、オリゴ糖、そしてメガロ糖へ」
           北海道大学大学院農学研究院教授   原 博 氏
            参加者  130名

 
5. 定期刊行物の発行事業
1)札幌農学同窓会報第52号発行
  5月、10,000部印刷し、全会員に発送した。
2)札幌農学同窓会員名簿発行
  11月、1550部印刷し、今年度会費納入会員のうち希望者に発送した。
  なお、昭和33年以前卒業会員のうち希望者138名に贈呈した。

 
U 会員の現況
<会費納入会員>
昨年度会員数
会費未納資格喪失者
再入会会員数
新入会員数
今年度退会者数
今年度逝去者数
現在会員数


2,640名
218名
211名
32名
6名
46名
2,613名
(東京支部会員数 1,004名)
(関西支部会員数  171名)





(平成28年12月31日現在)


<全会員>
昨年度会員数
新入会員数
今年度退会者数
今年度逝去者数
現在会員数


14,970名
272名
7名
130名
15,105名
(東京支部会員数 3,447名)
(関西支部会員数  652名)



(平成28年12月31日現在)


 財務関係等詳細はこちら
   収支計算書   
   正味財産増減計算書  
   貸借対照表  
   財産目録   
 過去の財務関係等詳細はこちら   
  
  
  
  



〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目 道庁西ビル2階
一般社団法人 札幌農学同窓会
電話:011-271-4972  FAX:011-271-1336